読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【書評】『お金が教えてくれること ~マイクロ起業で自由に生きる~』家入一真

J(@xxxjblogxxx)です。

 

 

お金が教えてくれること ~マイクロ起業で自由に生きる~

家入一真

家入一真とは

1978年、福岡県生まれ。起業家、投資家、クリエーター。

リアルやネットを問わず、カフェやウェブサービスなど遊び場を作る。ジャスダック最年少上場社長。40社程のベンチャー投資も。

高校中退、ひきこもりから、22歳でpaperboy&co.の前身となるまだ目企画を起業。レンタルサーバーロリポップ!」のサービスを成功させ、29歳で史上最年少ジャスダック上場を果たす。1年後に社長退任。株売却で得た十数億円は新事業、プロジェクトでたった2年で底を尽いた。そんな中から次世代ビジネスモデルのLiverty、CAMPFIREなどを生み出している。  

 

イデアを出す 

 アイデア出しの訓練法として僕がおすすめしたいのが、身近にあるものの見せ方を変えるとか、違う使い方を想定してみること。ゼロから1を生み出すことは難しいけれど、すでにあるものに工夫をすることなら想像しやすいはず。

 常にその視点で物事を見ていると、普通に散歩しているだけでもアイデアバンバン落ちていることに気づく 。家から近くのパスタ屋へ行く間にも、打ち合わせの間にも、旅行で海外へ行った時だって、目に入ったいろいろなものがアイデアになり得る。そのアイデアを、自分の仕事に結びつけていく。

 アイデアは0から1を目指すより今あるものの視点を変えてみる方が簡単に見つかったりします。

そもそも0から1を生み出すなんてとても大変なことだということは皆さんが知っていると思います。それなら今あるものの視点を変えて見て自分はもっとここを変えた方が使いやすいと思うこと。そんなことも実はアイデアだったりする。

 

起業するなら

 その点、やっぱりITはイニシャルが少なく、参入しやすいからどんどん人が増えている。だから僕は、ウェブをやりたいという人には「とりあえずやれ」と言う。最初のイニシャルが少ないということは、撤退しても痛手をそんなに負わないということ。「俺、タダ働きだったな」ぐらいで終わるし、負債を抱えることもない。

いろんな人が先を見すぎていて、失敗したら負債を抱えることを恐れて何もできずにいる。失敗しても経験がつくからやればいいと思うのだけれど、、、。

だがそんな人にもできるのがIT系であると思う。

イニシャルが少ないのにできない理由を探しているならずっと何もできない。

 

芯を持つ

 「客を選ぶ経営者」になるためには自信を持つことと、ストーリーを持つこと。そういう、芯になるものがないとブレてしまうし、せっかくの主張も薄っぺらくなってしまう。

 自分のなかに「これだ」、というものがあれば厚みが出るし、お客さんもそんな人間性に惹かれて固定客になってくれることもあるはず。なるほど目的があってそうしているんだな、とわかってもらえたら、それは大きな武器になる。

 これは飲食に限ったことじゃなく、あらゆるビジネスで言えること。

自分のなかに芯がなければお客さんには何も伝わらないし、吐く言葉も薄っぺらくなってしまう。

自分のなかにしっかりとした芯を持てば自信にもなり、なおかつ、熱意でお客さんも増えるかもしれない。

 

リスクヘッジ

 「明日からやめます」がすぐにできる組織じゃないと、何が起こるかわからない。「撤退します」と決めた時に「半年かかります」だともう遅い。その半年の間にずっと赤字が積み重なってしまう。新しいことをやりたい人ほど、リスクヘッジをしながらたくさんの事業を持つべき。

いつでもやめることができないと赤字が積みさなってしまう。リスクヘッジ*1

をしながらもいつでもやめる準備をしなければならない。

 

 やめるのはいつでもできるから、それまで粘る。そして、倒れるときは前のめりで。それが、お金を通じて僕が学んだこと。

 

 

前回の書評ブログ

 

xxxjblogxxx.hatenablog.com

 

 

もしよろしければ、「いいね」「コメント」お願いします!

肩こりがすごい、、、

J(@xxxjblogxxx)です。

 

みなさんは肩こりひどくないですか?

僕の肩こりはとてもひどいんです。。。

 

ということで今回は肩こりに効く商品を紹介したいと思います。

 

 

温めて血行を良くしてこりを取る商品はこれが一番だと思います。

本当にオススメです。

 

今回は、短いですがこんな感じで終わりです。

 

もしよろしければ「いいね」「コメント」お願いします!

【書評】『COACHがGUCCIより売れてるって、本当ですか?』鈴木宣利

J(@xxxjblogxxx)です。

 

COACHがGUCCIより売れてるって、本当ですか? 鈴木宣利

 

鈴木宣利とは

マーケティング・コンセプトメーカー]

コンセプトクルー代表。大きな魚(顧客)を捕まえるために、見込客発掘の支援とコンセプトづくりを得意とするコンサルタント。広告代理店にて、販促のプランニング業務に従事。イベントプロデュースにおいては、一流企業から中小企業まで多くのプランニング実績を有し、クライアントから高い評価を得る。 

 

マーケティングの入口的な書籍。ただ自分が読んだ本が初版本であったため誤字、脱字が多かった印象。

 

人気の商品やサービスが支持される。

そこには確かに精緻なメカニズムが存在する。

その仕組みは、表には出てこない

マーケティングの黄金ルール。

知ることで、身近なビジネスや消費行動に

応用できること間違いなしだ! 

 

この本はCOACHとGUCCIを比較してなぜCOACHが売れるのか?

他には、スターバックス任天堂DS LiteiPod、家具小売業のIKEA、アマゾン、リーブ21とグーグルといった皆さんが普段よく使うお店やコンテンツ、サイトなどをわかり易く紹介して、マーケティングの重要性を知ることができる内容。

 

これを入門書にしてマーケティングに興味をそそられ、他のマーケティングの本や考え方を知ることへの意欲を持てるようになると思います。

古い本ではありますが分析がしっかりとしていて、各MISSIONごとにまとめがついていてわかりやすいですし、その後には、マーケティング・センスアップの視点【考えてみよう】のコーナーではマーケティングのセンスを磨くための方法が載っていてためになると思います。

 

 

前回のブログ 

xxxjblogxxx.hatenablog.com

 

もしよろしければ「いいね」「コメント」お願いします!