読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【書評】『ゼロ なにもない自分に小さなイチを足していく』堀江貴文

J(@xxxjblogxxx)です。

 

ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく 堀江貴文

 

堀江貴文とは

1972年福岡県八女市生まれ。実業家。元・株式会社ライブドア代表取締役CEO。民間でのロケット開発を行うSNS株式会社ファウンダー。東京大学在学中の1996年、23歳のときに、インターネット関連会社の有限会社オン・ザ・エッジ(後のライブドア)を起業。2000年、東証マザーズ上場。2004年から05年にかけて、近鉄バファローズやニッポン放送の買収、衆議院総選挙への立候補などといった世間を賑わせる行動で、一気に時代の寵児となる。既得権益者と徹底的に戦う姿が若者から支持を集め、『稼ぐが勝ち』(光文社)がベストセラーに。しかし2006年1月、33歳の時に、証券取引法違反東京地検特捜部に逮捕され、懲役2年6カ月の実刑判決を下される。2011年6月に収監され、長野刑務所にて服役。介護衛生係としての仕事に励みつつ、メールマガジンなどで情報発信も続け、獄中で40歳の誕生日を迎える。2013年3月27日に仮釈放。本書が刊行される直後の11月10日0時に刑期を終了し、ふたたび自由の身となって、「ゼロ」からの新たなスタートを切る。 

 

この本は、堀江貴文がありのままの姿をさらけ出して書いた本である。

小学校時代から中学、高校、大学時代のモテない話や親とのこと、ライブドア事件の時のこと、 刑務所でのことそれらすべて包み隠さずに書いている。

 

その中でも自分が気になった部分をピックアップしてみる。

 

働くということ

人生の中で、仕事はもっとも多くの時間を投じるもののひとつだそこを我慢の時間にしてしまうのは、どう考えても間違っている。

 

多くのビジネスマンは、自らの「労働」をお金に換えているのではなく、そこに費やす「時間」をお金に変えているのだ。 

 

「お金(給料)とは『もらうもの』ではなく『稼ぐもの』である」 

 給料を時間との対価として貰っている人は、仕事が楽しく感じないはずだし、その仕事が大好きでやっているという人に比べ仕事ができない人物だろう。

これからの時代、言われたことをただやるだけならば、コンピューターが代わりにやってくれる。

つまり、時間以外のリソースを提供しなければならない。

 

「与えられた仕事」からの脱却方法

仮説を立て、実践し、試行錯誤をくり返す。そんな能動的なプロセスの中で、与えられた仕事は「つくり出す仕事」に変わっていくのだ。 

 

「仕事をつくる」とは、なにも新規事業を起ち上げることだけを指すのではない。 能動的に取り組むプロセス自体が「仕事をつくる」ことなのだ

 

やりたいことをやる

人は「ここでいいや」と満足してしまった瞬間、思考停止に突入してしまうのだ。

そして思考停止した人は、一気にオヤジ化してしまう。 

 常識にとらわれず、思い出話に花を咲かせることをしない。今を生きて、チャレンジを繰り返す!

 

自立する

精神的に親から自立して、物理的、そして経済的にも自立すること。この一歩を踏み出したとき、人はようやく「自分の頭」で物事を考えられるようになる。 

 自分の頭で考え、生きて行くには親から、社会からの自立が必要不可欠である。

 

 

前回のブログ

 

xxxjblogxxx.hatenablog.com

 

 

 

もしよろしければ、「いいね」「コメント」お願いします!

【書評】『夢を売る男』百田尚樹

J(@xxxjblogxxx)です。

 

夢を売る男 (幻冬舎文庫) 百田尚樹

百田尚樹とは

1956年、大阪生まれ。同志社大学中退。

放送作家として「探偵!ナイトスクープ」など

多数の番組構成を手がける。

2006年、『永遠の0(ゼロ)』(太田出版)で作家デビュー。

同作は文庫化され、150万部を超えるベストセラーとなる。

他の著書に、『海賊とよばれた男』『モンスター』『影法師』

『ボックス』『風の中のマリア』『幸福な生活』など。

一作ごとにまったく異なるジャンルの作品を発表する

異色作家として知られる。 

 

あらすじ

敏腕編集者・牛河原勘治の働く丸栄社には、

本の出版を夢見る人間が集まってくる。

自らの輝かしい人生の記録を残したい団塊世代の男、

スティーブ・ジョブズのような大物になりたいフリーター、

ベストセラー作家になってママ友たちを見返してやりたい主婦……。

牛河原が彼らに持ちかけるジョイント・プレス方式とは__。

現代人のふくれあがった自意識と

いびつな欲望を鋭く切り取った問題作。 

 

この本の登場人物は、簡単に言うと本を出版したい著者とその本を出版させてあげる丸栄社の編集者に分けられる。

本を出版したい著者の人物像は、大学を卒業して就職したが、2年で退職してその後は塾講師をしている29歳の独身男性。

不動産会社を経営している夫を持つ主婦。スティーブ・ジョブズになりたいだけで何の努力もしないフリーター。ママ友をバカにしたいだけの変なプライドを持った主婦。などなど。

本を出版させてあげる丸栄社は、口が達者で頭がキレる敏腕編集者がメイン。

敏腕編集者、牛河原は新人賞などに応募してきた人間に嘘をついて出版意欲を煽っていたりした。

 

出版させてあげると言ったが、この出版社のとっている方式はジョイントプレス方式といわれるものである。

ジョイントプレス方式とは出版社と著者でお互いに出版費用を出し合うという方式。

だが、実は丸栄社の儲けになっている。

 

小説家とカモの違い

「賞を取るか取らないかわからない長編小説を最後まで書き切るという人間は、自分の作品を傑作と信じている。だから傑作と言ってやれば、疑う人間はいない。ああ、やっとわかってくれる人がいた、と心から喜ぶ。それを嘘かもれないなんて疑う冷静な人間はそもそも小説なんか書かない」

続きを読む

洋画で英語 #9

J(@xxxjblogxxx)です。

 

今日のブログは、洋画で英語第9弾です。

 

第9弾の洋画は、

最前線を、追体験

本物の兵器、本物の戦術

現役シールズ隊員_最強の精鋭部隊を体感せよ!

陸、海、空を制す者たち。

ネイビーシールズ 

Act of Valor

 

あらすじ

MISSION:拉致されたCIAエージェントを奪還せよ_

しかしそれは、全世界テロへと繋がる入口だった。

 医師を装ってコスタリカに潜入していた、CIAの女性エージェントが拉致される。首謀者は、麻薬取引と兵器の密輸で巨万の富を築く男、通称クリスト。米国は直ちに<ネイビーシールズ>に出動を要請。隊員たちは敵のアジトを確実かつ正確に急襲し、鮮やかな手腕でエージェント奪還に成功する。だが、押収した携帯電話から、クリストと緊密な関係を結ぶイスラムのテロリストが、全世界規模のテロを計画していることが判明する。<ネイビーシールズ>に新たな指令が出され、恐るべき犯罪を阻止するために、その身を熾烈な任務へと投じるのだった__。

 

なんとこの映画、主演が現役のネイビーシールズなんです!

 

ちなみに<ネイビーシールズ>とは、

英語:United States Navy SEALs

アメリカ海軍の特集部隊である。

SEALsとは、SEA(海)、AIR(空)、LAND(陸)の頭文字から取られている。

Navy SEALs - Wikipedia

 

命の重み、仲間との友情、信頼、尊敬、家族への愛情、戦うことの儚さ、テロの恐ろしさを教えてくれる作品だと思います。

テロリズムの原因は主義、宗教、貧困等たくさんの背景があると思います。

この世界全員が一つになれる時は来るのでしょうか。

世界平和を望みます。

 

ぜひ、皆さんも観てください。

 

 

もしよろしければ、「いいね」「コメント」お願いします!