読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

洋画で英語 #3

J(@xxxjblogxxx)です。

 

今日のブログは、洋画で英語第3弾です!

 

3回目の今回見た洋画は、もちろん、

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人

です。

原題は、

Harry Potter and the Prisoner of Azkaban

ですね。

ハリポタシリーズの第3弾です。

 

内容は、

ハリーは、意地悪な叔母のマージを風船のように膨らませ、空のかなたへ追いやってしまう。叔父と叔母からのお仕置きを恐れたハリーはその夜、3年目のホグワーツに戻る為、“夜の騎士(ナイト)バス”に乗り込みダイアゴン横丁にたどり着くのであった。そこで、魔界の要注意人物シリウス・ブラックの存在を知る。彼はアズカバンの監獄から脱走し、ハリーの命を狙ってるという…。

3年目に入ったホグワーツでの生活は、魔法界の鳥獣“バックビーク”との出会いや、新しい魔術“守護霊の呪文”、時間の戻し方の習得など、新しい冒険に満ち溢れていた。一方、ホグワーツの上空ではアズカバンの看守“吸魂鬼ディメンター”の一団が脱獄囚ブラックを警戒して飛びまわっていた。不気味な看守に恐れおののくハリー。さらに「名前を呼んではいけないあの人」の支持者が城内を這いずり回っていることを知る。ハリーは仲間と共に勇気と魔術で数々の謎を解き明かし、ブラックと自分との接点を突き止めようとするのだが……。J.K.ローリングによる原作シリーズ第3章を基にアルフォンソ・キュアロン監督が完全実写化。この興奮、笑い、そしてスリルはハリー・ポッターの冒険だけ!

Mischief managed!(いたずら完了!) 

という感じです。

 

だんだん話の内容もわかるようになってきたし、ハリポタシリーズでよく使われている単語の意味も覚えてきたので、洋画の内容も余裕を持って楽しむことができてきていると思います。

シリウス・ブラック が敵だとおもってたらまさかのね、、、。

これから先も楽しみだ!

 

ということで皆さんも洋画で英語に親しみましょう。

 


 

 

 

この企画の内容

 

xxxjblogxxx.hatenablog.com

 

 

もしよろしければ、「いいね」「コメント」お願いします!