読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思考の整理学

J(@xxxjblogxxx)です。

 

今日のブログは、最近僕が読んだ本についてです。

 

最近僕が読んだ本は、

『思考の整理学』 外山滋比古

です。この本は、

今の義務教育への不信感、思考の整理の方法、アイデアを寝させることの大切さ、朝飯前の本当の意味、忘却の大切さ、喋ることの大切さ、アイデアのまとめ方などが書かれている本です。

 

働いていてアイデアのまとめ方がうまくいかない人、大学で論文がうまくかけない人に読んでほしいです。

 

好きな一節を引用したいと思います。

学校はグライダー人間の訓練所である。飛行機人間はつくらない。グライダーの練習に、エンジンのついた飛行機などがまじっていては迷惑する。危険だ。学校では、ひっぱられるままに、どこへでもついて行く従順さが尊重される。勝手に飛び上がったりするのは規律違反。たちまちチェックされる。やがてそれぞれにグライダーらしくなって卒業する。 

 

忘れるのは価値観にもとづいて忘れる。おもしろいと思っていることは、些細なことでもめったに忘れない。価値観がしっかりしていないと、大切なものを忘れ、つまらないものを覚えていることになる。 

 

おそらくたくさんの人にためになる話だと思います。

是非読んでください。

 

 

もしよろしければ、「いいね」「コメント」お願いします!