読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【書評】『ゼロ なにもない自分に小さなイチを足していく』堀江貴文

J(@xxxjblogxxx)です。

 

ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく 堀江貴文

 

堀江貴文とは

1972年福岡県八女市生まれ。実業家。元・株式会社ライブドア代表取締役CEO。民間でのロケット開発を行うSNS株式会社ファウンダー。東京大学在学中の1996年、23歳のときに、インターネット関連会社の有限会社オン・ザ・エッジ(後のライブドア)を起業。2000年、東証マザーズ上場。2004年から05年にかけて、近鉄バファローズやニッポン放送の買収、衆議院総選挙への立候補などといった世間を賑わせる行動で、一気に時代の寵児となる。既得権益者と徹底的に戦う姿が若者から支持を集め、『稼ぐが勝ち』(光文社)がベストセラーに。しかし2006年1月、33歳の時に、証券取引法違反東京地検特捜部に逮捕され、懲役2年6カ月の実刑判決を下される。2011年6月に収監され、長野刑務所にて服役。介護衛生係としての仕事に励みつつ、メールマガジンなどで情報発信も続け、獄中で40歳の誕生日を迎える。2013年3月27日に仮釈放。本書が刊行される直後の11月10日0時に刑期を終了し、ふたたび自由の身となって、「ゼロ」からの新たなスタートを切る。 

 

この本は、堀江貴文がありのままの姿をさらけ出して書いた本である。

小学校時代から中学、高校、大学時代のモテない話や親とのこと、ライブドア事件の時のこと、 刑務所でのことそれらすべて包み隠さずに書いている。

 

その中でも自分が気になった部分をピックアップしてみる。

 

働くということ

人生の中で、仕事はもっとも多くの時間を投じるもののひとつだそこを我慢の時間にしてしまうのは、どう考えても間違っている。

 

多くのビジネスマンは、自らの「労働」をお金に換えているのではなく、そこに費やす「時間」をお金に変えているのだ。 

 

「お金(給料)とは『もらうもの』ではなく『稼ぐもの』である」 

 給料を時間との対価として貰っている人は、仕事が楽しく感じないはずだし、その仕事が大好きでやっているという人に比べ仕事ができない人物だろう。

これからの時代、言われたことをただやるだけならば、コンピューターが代わりにやってくれる。

つまり、時間以外のリソースを提供しなければならない。

 

「与えられた仕事」からの脱却方法

仮説を立て、実践し、試行錯誤をくり返す。そんな能動的なプロセスの中で、与えられた仕事は「つくり出す仕事」に変わっていくのだ。 

 

「仕事をつくる」とは、なにも新規事業を起ち上げることだけを指すのではない。 能動的に取り組むプロセス自体が「仕事をつくる」ことなのだ

 

やりたいことをやる

人は「ここでいいや」と満足してしまった瞬間、思考停止に突入してしまうのだ。

そして思考停止した人は、一気にオヤジ化してしまう。 

 常識にとらわれず、思い出話に花を咲かせることをしない。今を生きて、チャレンジを繰り返す!

 

自立する

精神的に親から自立して、物理的、そして経済的にも自立すること。この一歩を踏み出したとき、人はようやく「自分の頭」で物事を考えられるようになる。 

 自分の頭で考え、生きて行くには親から、社会からの自立が必要不可欠である。

 

 

前回のブログ

 

xxxjblogxxx.hatenablog.com

 

 

 

もしよろしければ、「いいね」「コメント」お願いします!