『起業家』藤田晋 読書日記#4

J(@xxxjblogxxx)です。

 

『起業家』読みました。

藤田晋

株式会社サイバーエージェント代表取締役社長。1973年福井県生まれ。97年青山学院大学卒業後、人材会社の株式会社インテリジェンスに入社。翌98年に株式会社サイバーエージェントを設立、代表取締役社長に就任。2000年に史上最年少(当時)の26歳で東証マザーズ上場。著書に『渋谷ではたらく社長の告白』『藤田晋の成長論』、共著に『憂鬱でなければ、仕事じゃない』『人は自分が期待するほど、自分を見ていてはくれないが、がっかりするほど見ていなくはない』など。

 

堀江貴文氏の感想

 戦友気分で一気に1時間もかからずに読破。戦友同士でないと分からない共有しているものにあふれている感じなんだよね。

 第一次ネットバブルの崩壊から第二次ネットバブル崩壊を経て現在に至るまでのネット起業家の浮き沈み、苦悩、嫉妬を余す事無く書ききっている。

 いい本だよ。マジで。 

 

見城徹氏の感想

 本書は藤田晋の「たった一人の孤独な熱狂」の記録である。

 10年前、最も若い日本の代表的起業家は、藤田晋堀江貴文だった。

 しかし、2人は正反対の道を歩む。

 本書はたぐいまれなビジネス書であるが、堀江貴文との友情とその複雑な成り行きの物語として読んでも面白い。

 「起業家」とはまさに人間の「生き方」だ。

 この作品から、そうなったと言い切っていい。

 

アメーバがこんなにとてつもないストーリーを抱えていて、買収の危機すらあったことを知らなかった。

 

今、AbemaTVが赤字を出していても藤田社長のことな黒字にもっていき最終的には、大きいメディアになると思って期待している。

もう大きいメディアかもしれないが。。。

 

是非読んでみてください。

 

 

もしよろしければ、「いいね」「コメント」お願いします!